辻よし子と歩む会
TOP プロフィール メッセージ 議員活動報告 市民活動関連 くさしぎ 歩む会通信 歩む会へのお誘い お問い合わせ 辻よし子 on facebook

+ + + あきる野市議会議員辻よし子の議員活動報告 + + +

2020.04.09
あきる野市のコロナ対応の状況

辻よし子です。

午前中、市役所のいくつかの課を回り、あきる野市の状況を確認してきました。

今のところ、市内の高齢者施設において、マスク・消毒薬の不足はなく(市からマスクを提供している)、
混乱や問題は起きていないとのことです。
デイサービスについては、各事業所の判断で縮小しているところもありますが、入浴サービスが受けられなくて
困るといったような状況は起きていないそうです。
市では事業者連絡会と密に連絡を取って動いているとのことでした。

障がいを持った子どもたちのための放課後デイサービスは、学童保育と同じように3月の初めから
受入れ時間が長くなっているので、どうなっているか心配でしたが、
今のところスタッフが不足するような問題は起きていないとのことです。

市内の9事業者が普段から比較的よく繋がりを持っているので、今後も連携を取りながら
対応できるのではないかとのことです(放課後デイは都の管轄で市は直接指導できるわけではありません)。

生活福祉課には月曜日に聞き取りをしたので、今日は遠慮しました。月曜日の段階では、
生活保護や生活困窮に関わる相談数は特に増えていないとのことでした。

「自席から、窓口だけではなく、ロビーにいらっしゃる市民の方々の様子を注意して見ているのですが、
今のところ、困って相談に来られる市民の姿はお見受けしません。
むしろ、相談が増えてくるのは、少し時間が経ってからではないでしょうか」
という課長さんの言葉が印象的でした。

社会福祉協議会で受け付けている福祉資金の緊急小口資金(コロナの特例貸付)については、
50件近い相談があり、そのうち15件が申請に至っています。

学童保育については、3月中は利用率が平均して4割程度でしたが、新年度に入ってからは新1年生が入ったこともあり、
5割に増えているそうです。指導員の長時間勤務が続く中、今のところ何とかシフトが組めているようですが、
さらに長期化するとなると、体制を整え直す必要がありそうです。

他市では、対象を看護婦、医師、警察官などのお子さんに限定し始めたところもあります。
この点については、明日予定されている東京都の発表を待って、検討するとのことでした。

学校の対応については、自治体によって、さらに開きがあり悩ましいところです(新聞記事参照)。



あきる野市では、当初、4月10日まで午前中授業をおこない、その後、週に1回の登校日を設けることにしていました。
しかし、この対応について、感染拡大を心配する保護者から予想以上の批判が寄せられたそうです。
その後、緊急事態宣言の動きもあり、結局、6日に小学校の入学式と始業式をおこなっただけで、
7日の中学校の入学式は延期になり、その後の登校日もなくなりました。
この変更に対する苦情の電話は一切なかったとのことです。

一方で、家庭の様々な事情により家で長い時間を過ごすことが難しいお子さんもいるのではないか・・・と気になります。
そういうご家庭にとっては、登校日があることはむしろ有り難かったかもしれません。
けれども、困り事を抱えた人々の声というのは、「個人的な事情だから・・・」等と遠慮がちになり、
なかなか市まで届くことがないように思います。

登校日にすると「学校に行かなくてはいけない」となりがちですので、希望者、あるいは、
必要性のある家庭のお子さんだけでも、学校で受け入れる日をつくることはできないものでしょうか(新聞記事にある日野市のように)。

今日は、そうした率直な思いを教育委員会に伝えさせていただきました。
教育委員会では、感染予防の徹底と個別的な配慮とのバランスで悩んでいる様子が、ひしひしと伝わってきました。
子どもたちの様子を一番把握している現場の先生が、子どもたちに電話を掛けて様子を確認するなど支援のあり方を考えている
とのことでしたので、長引く休校で子どもたちへ影響が出ていないか注意深く見守りながら、
必要に応じて柔軟な対応をしていただきたいと思います。

他にも、今後の感染拡大に備えて、各課でいろいろな対策を練っている様子が伺えました。

昨年10月の台風19号に続き、市の職員の方々は本当にたいへんだと思います。

「上からの指示に右へ倣え」というのは危険ですが、危機を乗り越えるのには「連帯」が必要です。

想像力を働かせ冷静さを失わず、急な変化に対応できる柔軟さと、些末な誤りや差違を許す寛容さを持つことを、心掛けたいと思います。

(この文章を書いているときに、保育園に対する市の対応が発表されましたので、写真に掲載します)




 <<< 前の記事      次の記事 >>> 


©copyright 2014- 辻よし子と歩む会, くさしぎ・草の根市議と市政を考える会