辻よし子と歩む会
TOP プロフィール メッセージ 議員活動報告 市民活動関連 くさしぎ 歩む会通信 歩む会へのお誘い お問い合わせ 辻よし子 on facebook

+ + + あきる野市議会議員辻よし子の議員活動報告 + + +

2018.03.06
3月議会での一般質問/土地区画整理事業と国保の広域化

辻よし子です。

3月議会での一般質問が終わりました。
傍聴に来てくださったみなさん、ありがとうございました。
今回取り上げたテーマは、引田駅北口の土地区画整理事業と国保の広域化です。

前半3分の2の時間を使って、区画整理事業の問題を取り上げました。
昨年12月に、引田の区画整理を進めるための基準や要領が定められたのですが、その中に、
企業を誘致にするためには犠牲になる地権者が出ても仕方がない、と言わんばかりの、
とんでもない条項が入っていることをに気づき、そのことを中心に追及しました。

引田の区画整理事業は、民間包括委託方式といって、事業のほとんどの業務を企業に委託しています。
委託料は総額、12億円を超える予定です。
問題のある要領の原案を作ったのも、委託企業。
一体、市と委託企業との間でどのような話し合いがされているのか、定例会議の議事録を事前に情報公開請求しました。
ところが、なんと結果は「不存在」。
議事録を作っていなかったことが分かりました。この問題についても追及しました。

限られた時間の中で、果たして、どれだけ問題を浮き彫りに出来たか・・・・。
なるべく傍聴に来て下さった方々にも分かるように質問したつもりですが、
どうしても「照応の原則」だの「原位置換地」など専門用語を使わるざるを得ないので、分かりづらかったかもしれません。

今日の一般質問を通して、「確かにこの要領には問題があるのでは・・・・」と感じた人が傍聴者の中にも、
そして市職員の中にもいるのではないかと思います。
少数者を切り捨てるようなこの要領をこのまま許すわけにはいきません。
一般質問は終わりましたが、引き続き見直しを求めていきたいと思います。

残りの3分の1の時間を使って国保の広域化の問題を取り上げました。
広域化によって、国の思惑を押し付けられ、自治体の独自性や主体性が奪われることを、
質問の中心に据えたつもりです。
ただ、時間が押せ押せになり、答弁を引き出す余裕がなく、先に自分の言いたいことを言ってしまいました。
それなりに時間をかけて準備した割には、消化不良に終わってしまいました(^^;。

いつものことながら、今日も緊張して早朝から目を覚まし、自分の順番が来るまでドキドキドキドキ……。
午後一番の質問だったのでお昼は喉を通らず、食べるのをあきらめました。
数えてみたら、今回で10回目の一般質問になるというのに、なかなか慣れないものですねぇ~。


 <<< 前の記事      次の記事 >>> 


©copyright 2014-2018 辻よし子と歩む会, くさしぎ・草の根市議と市政を考える会