辻よし子と歩む会
TOP プロフィール メッセージ 議員活動報告 市民活動関連 くさしぎ 歩む会通信 歩む会へのお誘い お問い合わせ 辻よし子 on facebook

+ + + あきる野市議会議員辻よし子の議員活動報告 + + +

2020.04.23
臨時議会の報告

辻よし子です。

本日、臨時議会が開かれました。

コロナ対策の議案が2件と、市の事務処理にミスが発生し、その監督責任をとって市長、
副市長の給料を減月する条例の、合せて3件が、いずれも全会一致で可決されました。

3つの内容を簡単に報告します。

①国民健康保険に加入している勤め人が、新型コロナ、あるいは、その疑いで会社を休んだことで
給与が減ってしまった場合には、手当が受けられることになりました。
(国の制度に基づき、あきる野市の条例を改正)

ポイントとしては、

*正規、非正規にかかわらず対象になります。

*陽性の判定が出なかった場合も対象になります。

*病院を受診できなかった場合も対象になります。

*本来会社が払うべき給与が支払われなかった場合も対象になります。(保険者が後から会社に請求する)

*支給される手当(傷病手当)は、給与の3分の2です。

国が示した申請書の雛型を見る限り、申請はそれほど難しくありません。対象になるかも・・・
という方は、ぜひ、市の窓口にお問い合わせください。

市では、広報やHPで周知するほか、7月の国保税納付のお知らせを発送する際に通知を同封するとのこと。

そこで、なるべく分かり易い言葉で、「あっ!これ、もしかして自分が対象になるかも・・・」
と気づくようなお知らせにして欲しいと、市に要望しました。

②あきる野市内の飲食店では、休校中の子どもたちを対象に1食250円で「子ども弁当」を提供しています。
素晴らしい取組みです! その取り組みに都から補助金(1件に10万円)が出されることになり、
既に3月の一度補正予算100万円が組まれました。
その第2弾として、本日の議会でさらに100万円の予算が組まれました。

これまでの実績を尋ねたところ、5つの事業者が延べ20日、1382食のお弁当を提供したそうです。

就学援助費から給食費が外されてしまっている問題をこれまで何回か取り上げて来ましたが、
地元の事業者さんのこうした取り組みを活かして、浮いた給食費を財源に昼食を提供することはできないものでしょうか。

③市の事務処理のミスは、介護保険料を年金から天引きするための作業で発生しました。
566人分の天引き額を、誤ってすべて0円と記載し、そのデータをそのまま日本年金機構に送付してしまいました。
そのため4,6,8月分は、納付書によって納めていただくことになりました。
566人分のデータ一覧において、0円がずらりと並んでいれば気づきそうなものですが、
チェックした3人の誰も気づくことができなかったそうです。今回の失敗を活かして、チェック体制を見直し欲しいと思います。

また、本会議の前に全員協議会があり、市のコロナ対策について簡単な報告がありました。そこで、下記の点を要望しました。

*HPには最新の情報が掲載されているが、インターネットを利用しない市民への情報が圧倒的に不足している。
コロナ対策として様々な支援策や、既成の制度の運用拡大などが図られているが、そのことを知らない市民が多い。
月2回の広報だけではなく、臨時号を出すこと、市役所の1階に情報コーナーを作ること、
市民窓口のモニターを利用することなど、もっと情報発信に努めて欲しい。

*市民にとって一番身近な市役所に、総合的な相談窓口を作ることは絶対に必要。
そこで全て回答する必要はなく、「そのことであれば、東京都の○○に電話してみてください」
「そのことは社会福祉協議会の○○が使えると思うので問い合わせてみてください」等々と、
橋渡しをするだけでも十分意味がある。ぜひ、検討して欲しい。
(コロナに関する総合相談窓口を作って欲しいという他の議員の要望に、
「多岐に渡る質問に答えるのは困難であるため、それぞれのコールセンター等に問い合わせてもらうしかない」
との答弁だったため)

今回ほど、あきる野市議会が通年制度になっていて良かった、と思ったことはありません。
連休明けにも、国の10万円給付金の件で、臨時議会が開かれることになっています。


 <<< 前の記事      次の記事 >>> 


©copyright 2014- 辻よし子と歩む会, くさしぎ・草の根市議と市政を考える会